編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

~ スパイウェア対策は、ウィルス対策のオプションでは不充分!? ~ 一歩先を行くスパイウェア対策セミナー

CA Technologies(日本CA株式会社)

2005-12-22

開催場所: 東京

開催日:  2006-01-25

申込締切日: 2006-1-24

情報漏えいばかりで無く、スパイウェアによるパフォーマンス劣化が問題視されてきています。ネットワーク帯域の最大40パーセントが、スパイウェアによる無駄なトラフィックである、という例も報告されています(CA調べ)。
現在16万種類を超えるスパイウェア対策、ウイルス対策のオプションで本当に大丈夫ですか。

企業にとってスパイウェアがどの様に問題なのか、その上でどの様な点に着目して製品選定をすべきか、ご説明いたします。
また、eTrust PestPatrolの新バージョン r8 の様々な機能とそのメリットを、具体的な運用を想定したデモンストレーションを交えて詳しくご紹介いたします。


●プログラム●
(15:00-15:30)
『スパイウェア対策の必要性と製品選定のポイント』

・スパイウェア被害の大部分を占めるパフォーマンス劣化から情報漏えいまで、企業にとってスパイウェアの何が迷惑なのか、確認します。
・スパイウェア対策製品を企業として選定する上で、どの様な点に着目すべきかご説明します。

(15:30-16:00)
『CAが提唱するスパイウェア対策のベストプラクティス』

・先の説明を踏まえ、CAからご提案する理想的なスパイウェア対策製品であるeTrust PestPatrolの機能とそのメリットをご紹介します。

(16:00-16:30)
eTrust PestPatrol r8(新バージョン) 製品デモンストレーション
・実際の運用に即して、eTrust PestPatrol(新バージョン)の機能をデモを交えて解りやすくご紹介いたします。


●対象●
・スパイウェア対策として、どの様な対策を採るか検討なさっている方
・情報部門の部門長、および現場責任者の方

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]