~ スパイウェア対策は、ウィルス対策のオプションでは不充分!? ~ 一歩先を行くスパイウェア対策セミナー

CA Technologies(日本CA株式会社) 2005年12月22日

開催場所: 東京

開催日:  2006年1月25日

申込締切日: 2006年1月24日

情報漏えいばかりで無く、スパイウェアによるパフォーマンス劣化が問題視されてきています。ネットワーク帯域の最大40パーセントが、スパイウェアによる無駄なトラフィックである、という例も報告されています(CA調べ)。
現在16万種類を超えるスパイウェア対策、ウイルス対策のオプションで本当に大丈夫ですか。

企業にとってスパイウェアがどの様に問題なのか、その上でどの様な点に着目して製品選定をすべきか、ご説明いたします。
また、eTrust PestPatrolの新バージョン r8 の様々な機能とそのメリットを、具体的な運用を想定したデモンストレーションを交えて詳しくご紹介いたします。


●プログラム●
(15:00-15:30)
『スパイウェア対策の必要性と製品選定のポイント』

・スパイウェア被害の大部分を占めるパフォーマンス劣化から情報漏えいまで、企業にとってスパイウェアの何が迷惑なのか、確認します。
・スパイウェア対策製品を企業として選定する上で、どの様な点に着目すべきかご説明します。

(15:30-16:00)
『CAが提唱するスパイウェア対策のベストプラクティス』

・先の説明を踏まえ、CAからご提案する理想的なスパイウェア対策製品であるeTrust PestPatrolの機能とそのメリットをご紹介します。

(16:00-16:30)
eTrust PestPatrol r8(新バージョン) 製品デモンストレーション
・実際の運用に即して、eTrust PestPatrol(新バージョン)の機能をデモを交えて解りやすくご紹介いたします。


●対象●
・スパイウェア対策として、どの様な対策を採るか検討なさっている方
・情報部門の部門長、および現場責任者の方

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!