編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

[有償トレーニング] 【情報共有ベーシック】1. 企画コース

リアルコム株式会社

2006-04-21

開催場所: 東京

開催日:  2006-05-16

申込締切日: 1970-1-1

情報共有プロジェクト成功に導くためには、「目的」をはっきりとさせ、この「目的」を達成するために「対象」とすべき組織を決定し、その組織の「課題」と「解決策」を洗い出し、それぞれ数値化できる指標を定めることが大切です。
また「現状」を正しく測定することにより、「課題」と「解決策」が現場の実態に即したものであるのかを検証し、改善による効果予測を数値化することが可能となります。

このコースでは、情報共有プロジェクトの企画を成功に導くために必要な数々の手法として

* GISツリー
* 4つの情報共有アプローチ
* 対象組織選定法
* KPI
* 情報ストック・フローの見える化

などを、ケーススタディを交えながらご紹介いたします。
※本トレーニングはナレッジコーディネーター養成トレーニング (リンク ») の1コースです。

詳細・お申し込みはリンクからどうぞ。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]