統合認証インフラで実現する企業セキュリティ ~ID管理からはじめる情報漏えい対策~(大阪)

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2006年04月26日

開催場所: 大阪

開催日:  2006年5月26日

申込締切日: 2006年5月26日

 企業内外からの情報漏えい事件は後を絶たず、個人情報保護法や日本版SOX法に代
表される企業の社会的責任=CSRがより一層問われています。
 企業の情報リスクの最大の要因が情報システムの「複雑化」です。これまで多くの企業では、部門や拠点ごとにシステムが構築され、全体像にはあまり関心が払われてきませんでした。結果、システム全体の把握が困難となり、情報リスクの管理が難しくなっているのです。
 本セミナーでは、コンプライアンス時代の情報セキュリティについて
・アプリケーションとアクセスマネジメント管理の一元化(厳格な認証)
・組織変更や人事異動など実運用に強いID管理
・ 万一不正が発覚した場合にも速やかかつ確実に問題発生要因・対象を特定できる監査
の観点から解説。これらをトータルに提供する真の企業システム基盤構築と、ITコンプライアンスの実践をサポートする企業セキュリティについて、事例を交え紹介いたします。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR