編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

現場を見える化し営業を強化する「可視化経営」とは ~現場が見えれば経営が変わる、顧客が見えれば営業が変わる~

株式会社NIコンサルティング

2006-06-01

開催場所: 東京

開催日:  2006-06-28

申込締切日: 1970-1-1

【概要】
弊社の全国1,300社の営業改革のノウハウを元に、現場の情報をタイムリーに吸い上げ、必要な情報を整理し分析することで、経営に役立てる新しい「可視化経営」の考え方、実現方法をご説明します。

【セミナー内容】

[第一部]

『可視化経営』による経営改革の実現

講師:長尾一洋 ((株)NIコンサルティング 代表取締役)

・頑張れば売れる時代の終焉
・「可視化経営」とはスピード経営である
・「見える化」だけでは「見えない」
・顧客創造日報で見えないものが見えてくる
・見えなければ経営できない
・「可視化」が営業を強くする

[第二部]

ITによる「可視化経営」の実現方法

講師:古川 豊 ((株)NIコンサルティング SI営業部 部長)

・経営情報コクピットとは?
・経営情報はこうして分析する
・経営コクピット(経営者操縦席)の実際
・現場情報が収集されてはじめて可視化経営が実現する

[第三部]

データ活用の最新事情と今後について

講師:南 滋樹 氏 ((株)NJK ソフトウェアパッケージ事業部 プロダクトマネージャー)

・データ活用の必要性と最新動向
・Data Natureの有効性

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]