仮想化で実現する災害対策セミナー

株式会社大塚商会 2006年12月20日

開催場所: 大阪

開催日:  2007年1月18日

申込締切日: 2007年1月10日

災害に対する意識が高まっている今、明日起こるかもしれない災害に対して、継続稼動が出来る安全なシステムの構築がシステム管理者様の課題としてあがっています。「高速データ複製(レプリケーション) 」や「フェールオーバー機能」、「HAクラスタ機能」と、「仮想化技術」を組み合わせることで低コストかつ運用が簡単な仮想化災害対策ソリューションが実現できます。災害対策の必要性を感じられながら、コスト面でお悩みの方のご参加をお待ちしております。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!