安全管理から法令遵守までを実現!位置情報サービス『SAVE PLATFORM』とは(東京)

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2007年01月29日

開催場所: 東京

開催日:  2007年2月16日

申込締切日: 2007年2月16日

 近年、衛星などの技術の進展や情報端末の普及、ネットワークの拡大などを背景に、防犯・防災、運輸・交通、医療・福祉、公共事業などさまざまな場面で位置情報の活用が急速に広がっております。

 しかしながら従来の情報端末では信頼性のおけるリアルタイムな位置情報取得は難しく、より精度の高い次世代の位置情報サービスへのニーズが高まりつつあります。本セミナーでは、インターネットデータセンター「D@TA Center」及びMVNO事業者として、豊富な実績をもつKCCSの総合力を活かしたASP型の位置情報サービス「SAVE PLATFORM(セーブ・プラットフォーム)」の製品 概要や特長、活用方法、サービス詳細に至るまで、デモンストレーションを交えてご紹介させていただきます。また、サービス開始に伴いKCCSで独自開発した車載向け高性能GPS端末「イチしるべ(GPS-01)」もあわせてご紹介させていただきます。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?