事例に学ぶ日本版SOX法対策セミナー~京セラグループにおける米国SOX法適用初年度を終えて~(東京)

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2007年06月04日

開催場所: 東京

開催日:  2007年7月13日

申込締切日: 2007年7月13日

 2008年4月以降の事業年度に適用される、金融商品取引法(日本版SOX法)への対応準備を進めていく中で、IT統制ではどのように内部統制を構築し、評価すればよいかなどお悩みの企業様も多いのではないかと思われます。

 本セミナーでは、IT管理者・SOX法担当・内部監査担当・リスク管理担当・コンプライアンス担当・情報セキュリティ担当の方を対象に、日本版SOX法対策のポイントを、米国に上場をしている日本企業の1つである京セラグループとして米国SOX法適用の初年度を終えたKCCSおよび、京セラグループの内部監査を支援した監査法人トーマツのコンサルタントよりご紹介いたします。
 初年度を終えて学んだ経験をベースに、日本版SOX法対策のポイント、京セラグループのIT統制事例、内部監査支援サービスや内部統制支援ツールの活用方法について、事例を交えてご紹介いたします。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?