Microsoft Windows Server 2008-Lockdown Enforcer連携ソリューションセミナー

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2007年10月16日

開催場所: 東京

開催日:  2007年10月31日

申込締切日: 2007年10月31日

~Lockdown EnforcerとNAPで実現するネットワークアクセスコントロール~

 本セミナーは、マイクロソフト株式会社より講師を招き、次世代OS「Windows Server 2008」および新機能NAPをご紹介すると共に、統合型検疫アプライアンス「Lockdown Enforcer」とNAPの連携モデルで実現する、より安全なネットワークアクセス環境についてご紹介します。

 昨今、コンプライアンスへの意識の高まりから、不正アクセスの防止や検疫などにおいて、セキュリティポリシーの制定や、ポリシーに基づいた安全なネットワークアクセスが求められています。ネットワークアクセスコントロール(NAC)の手法を使用した検疫アプライアンス製品「Lockdown Enforcer」と、「Windows Server 2008」に標準搭載される、ポリシーベースのセキュリティプラットフォームを実現するネットワークアクセスプロテクション(NAP)との連携で皆様のご要望を実現します。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?