編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

EMC Documentum eRoom / IRM ハンズオンセミナー

EMCジャパン株式会社

2010-10-26

開催場所: 神奈川

開催日:  2010-11-12

実機を使用して、eRoom / IRM の操作手順を習得して頂けます
セキュリティを保ちながらWebを介して社内外の人間がアクセスすることができるコラボレーション・ソリューション『eRoom』、ファイルを暗号化した上で編集・コピー・印刷といった操作を、ユーザー/グループ、文書ごとに制限(権限設定)し、社内だけでなく社外に持ち出したファイルにまでそのような制限を設けて情報漏洩や悪用を防止するソリューション『IRM』を、ハンズオンセミナーでご体感ください。
定員:12名様(PC 12台) 最大収容人数 16名様 【ご注意】13名様以上ご参加の場合は2名様で1台のPCを共有して頂くこともあります。 予めご了承願います。
◆セミナー概要-------------------------------------------------------------
日程:2010年11月12日(金)
時間:14:00 ~ 17:30 (13:30 受付開始)
開催会場:EMCトレーニングセンタージャパン(神奈川県川崎市幸区堀川町580-16 川崎テックセンター20階)
主催:EMCジャパン株式会社
対象 :・eRoom/IRMの概要をご存じのお客様(業種問わず)・eRoom/IRMの概要をご存じのEMCパートナー、またはSIerの企業様 ※競合他社様・個人事業主の方の参加は、ご遠慮いただいておりますのでご了承ください。
参加費:無償(事前登録制)
定員:12名(PC 12台) 最大収容人数 16名様 【ご注意】13名様以上ご参加の場合は2名様で1台のPCを共有して頂くこともあります。 予めご了承願います。
◆セミナー・アジェンダ---------------------------------------------------------
●14:00~14:30:EMC Documentum eRoom の概要およびハンズオン環境の説明
EMCジャパン株式会社 IIG事業本部システムエンジニア 東方 優和
●14:30~16:00:EMC Documentum eRoom ハンズオン
EMCジャパン株式会社 IIG事業本部システムエンジニア 小山 淳一郎
■eROOM ファイルとフォルダの使用(1)フォルダの作成(2)ファイルの登録、参照、編集、バージョン管理(3)リンク送付(4)回覧(5)コメント入力(6)検索の使用(7)メール通知設定
■eROOM データベースの使用
(1)データベースの作成 (2)データベースへのデータ登録、更新(3)CSV ファイルのエクスポート/インポート(4)承認プロセスデータベースの作成(5)承認プロセスデータベースの使用
●16:00~16:15:休憩
●16:15~16:30:EMC Documentum IRM の概要およびハンズオン環境の説明
EMCジャパン株式会社 IIG事業本部システムエンジニア 東方 優和
●16:30~17:30:EMC Documentum IRMハンズオン
EMCジャパン株式会社 IIG事業本部システムエンジニア 小山 淳一郎
■IRM による高度なアクセス権設定(1)IRM プラグインのインストール(2)機密資料用フォルダ設定(3)機密ファイルの登録と暗号化(4)暗号化ファイルを開く(5)動的なポリシーの変更確認
※講演内容は、都合により変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
-------------------------------------------------------------------------
EMCジャパン セミナー事務局 Email : Japan_Seminar@emc.com

EMCジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]