編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

デル、ヴイエムウェア株のスピンオフを含む選択肢を検討か

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-24 11:32

 Dellが、保有するVMwareの株式について複数の選択肢を検討していると報じられている。

 The Wall Street Journal(WSJ)によると、Dellはおよそ500億ドル(約5兆3200億円)相当のVMware株をスピンアウトすることなど、複数の選択肢を検討中だという。VMwareの株式をさらに取得する可能性や、特段の変更をしない可能性もあるとのこと。

 Dellは2016年、EMCの買収を通してVMwareの株式を取得した。買収金額は約670億ドルだった。

 Dellは2021年9月になれば非課税でVMwareの株式を処理できるため、それ以前にVMwareに関する何らかの動きがある可能性は低いとWSJは報じている。

 Dell TechnologiesとVMwareは3月、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、2021会計年度の業績見通しを撤回した。

 Dellは米証券取引委員会(SEC)に提出した書類の中で、「現在、在宅勤務ソリューションへの関心が高まっており、グローバルサプライチェーンの活動も継続している。当社は流動性のポジションに自信を持っているが、世界的なCOVID-19のパンデミックが現会計年度の事業運営や財務成績、業績に及ぼす悪影響の規模を予測することはできない」とした。

 その1カ月前、Dellは2020年度第4四半期決算を発表。売上高は前年同期比1%増の240億ドル、利益は4億1600万ドルだった。通年の売上高は前年比2%増の922億ドル、純利益は55億ドルだった。

 EMCの買収を完了するため、Dellは多額の資金を借り入れた。2020年度終了時点で、同社は443億ドルの長期借入金を報告している。

 VMwareは2月に2020年度第4四半期決算を発表した。通年の売上高は12%増えて100億ドルを突破し、非GAAPベースの純利益は26億6000万ドルを記録した。同社は第4四半期、1000万ドルを超える契約を過去最高の31件締結した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]