編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

JP1研修 アベイラビリティ管理

株式会社アシスト

2010-11-15

開催場所: 東京

開催日:  2011-04-18

申込締切日: 1970-1-1

 アシスト「JP1アベイラビリティ管理」

JP1/Performance Management(JP1/PFM)を使用してシステムのパフォーマンス管理を実現する上で必要な機能や操作方法を習得できます。


【受講料】
3万1500円(税込)

【コース内容】
・JP1アベイラビリティ概要:パフォーマンス管理の製品構成、機能概要について
・JP1/PFM環境設定:ユーザ作成や管理対象エージェントの追加機能について
・パフォーマンス管理:リアルタイム、履歴情報のパフォーマンスデータ管理機能について
・アラーム管理:稼動状況やパフォーマンス状況のアラーム管理機能について
・レポート定義、レポート参照:パフォーマンスデータのレポート出力及び出力条件について
・トラブル対応:製品のバックアップ、リストア方法について


【達成目標】
・JP1アベイラビリティ管理製品の概要と基本的な製品構成を理解している。
・監視対象の追加登録ができる。
・稼動監視設定及び稼動状況の監視ができる。
・稼動状況にしきい値条件を設定してアクション実行やアラーム通知を設定できる。
・パフォーマンスデータ監視設定やレポート出力ができる。


詳しくは下記をご覧下さい。
(リンク »)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]