編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

産総研構想設計コンソーシアム会合にて話題提供

メタデータ株式会社

2020-02-19

開催場所: 東京

開催日:  2020-02-25

※クローズドな会につき一般のご参加はできません。申し訳ございません

2/25経産省別館にて、野村社長が産総研構想設計コンソーシアム会合にて話題提供いたします。

タイトル:
誰でも、知識労働から知能労働にシフトして創造性を発揮できるか?
 ~「人工知能が変える仕事の未来」評で頂いた宿題に「AIに勝つ!」で回答できて
いるか

概要:
  まず、暗黙知をそのままキャプチャする深層学習の本質を眺め、
 医師、弁護士の仕事は形式知と暗黙知が複雑に入り組んで絶妙な
 バランスで遂行されるがゆえに、AIにとって最も代替困難な職種
 であることを実感しましょう。ガソリンエンジンの設計などにも
 暗黙知が働いているらしいですが、それを深層学習で置き換えられ
 るでしょうか?
  2018年10末に登場したBERTをはじめ、厖大な計算資源を要す
 る機械読解が、転移学習、GANなどとともに、工学的になぜ筋が
 良いのか、示します。ビッグデータの整備が必要な機械読解など
 の分野で遅れが拡大しつつある日本のAI研究開発現状を憂慮しつ
 つも、地道なデータ整備の必要性を訴え、技術者がデータサイエ
 ンティストならぬ、データアーキテクト(その名に反して泥まみ
 れになって生データと闘い整備する係)、データスチュアードとし
 て奮闘すべきことを示唆します。


参考:
大内伸哉著:「AI時代の働き方と法―2035年の労働法を考える」
(リンク »)
神戸大・大内教授が、「人工知能が変える仕事の未来」について書いた書評:
(リンク »)

メタデータ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]