編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

キャプチャー

用語の解説

キャプチャーとは

(キャプチャ,スクリーンキャプチャ,スクリーンショット,スナップショット,画面キャプチャ,画面取リ込ミ,capture,screen capture,screenshot,snapshot,)
キャプチャーとは、ディスプレイに表示されている静止画像や動画像を、画像データとしてファイルに保存することである。
特に静止画を取り込むことはスクリーンキャプチャーと呼ばれ、動画を取り込むことがビデオキャプチャーと呼ばれる。 ディスプレイに表示された画像イメージや画面そのものを取り込み、ファイルへの保存やクリップボードへのコピーなどを可能にする。 OSの多くには標準で備わっており、一部のワープロソフトやゲームソフトにも備わっている場合がある。 例えばWindowsであれば、PrintScreenキーで画面全体を、[alt]+[PrintScreen]で特定のウインドウのみを取り込むことができる。 プログラム内「アクセサリ」から「ペイント」ツールを呼び出し、貼り付けを行えば画像が再現される。 Mac OSの場合、[Command]+[Shift]+[3]あるいは[Command]+[Shift]+[4]のショートカットキーで取り込める。 またドラッグによる範囲の指定も可能である。 フリーソフトウェアやシェアウェアによってキャプチャー機能を改善することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]