編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ハーフデュプレックス

用語の解説

ハーフデュプレックスとは

(半二重,half duplex,)
ハーフデュプレックスとは、ネットワークの通信方式の一種で、送信側と受信側がデータの伝送を交替で行う通信方式のことである。
ひとつの通信経路を用いて通信を行う場合、通信者両方同時に発信を行うと、通信途中でデータの衝突(コリジョン)が発生してしまう。 ハーフデュプレックスでは、ひとつの通信回線において定期的に通信方向を切り替え、交互に発信を行うことで平行してデータの送受信ができるような仕組みになっている。 ハーフデュプレックスのほかの通信方式としては、完全に一方向からの発信のみを行うことができるシンプレックス(片方向通信)や、完全に双方向通信を行うことができる フルデュプレックス(全二重通信)がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]