ファジング

用語の解説

ファジングとは

(ファズテスト,fuzzing,fuzz testing,)
ファジングとは、ソフトウェアのバグや脆弱性を検証するためのテスト手法の一種で、エラー成分が含まれた様々な命令パターンをあらかじめ実行させて見てエラーの発生を調べることである。
ファジングでは、「ファズ」(fuzz)と呼ばれるエラー入りの命令が様々なパターンで自動的に生成され、プログラムによって無作為に入力される。 ファズが無作為に入力されることで、人為的な事前予測では思いも寄らないケースで生じるエラーが発見できる。 ファジングは、ソフトウェア開発の過程でブラックボックステストの一種として行われる。 他方、ファジングを行うためのテストツールを利用してクラッキングが試みられるケースも登場している。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]