フラクタル符号化

用語の解説

フラクタル符号化とは

(フラクタルフゴウカ)

 画像圧縮技術の1つ。

フラクタル符号化では、画像の構造的特徴を抽出して符号化を行なう。

 自然界に存在するものには、全体を眺めても、一部分を眺めても似たような形状をしているものが少なくない。 このような自己相似性のある図形は、相似図形の集合、フラクタルで表わすことができる。 フラクタル符号化は、フラクタル理論、つまり自己相似性を自然画像の符号化に利用したもので、簡単にいうと、画像のある局所領域を、これとよく似た周辺領域から探し出し、その輝度変換、幾何学変換による縮小写像で近似する量子化を行なう。 復号化は、反復(繰り返し)によって極限画像に収束させることにより行なう。 極めて圧縮率が高く、今後の画像圧縮技術の1つとして注目されている。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]