編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メールスプーフィング

用語の解説

メールスプーフィングとは

(mail spoofing)
メールスプーフィングとは、電子メールを送信する際、送信者の情報を偽ることで、架空あるいは実在の第三者になりすますことである。
電子メールにはヘッダーと呼ばれる部分が設けられ、ここに送信者名や送信元のメールアドレス、受信者のメールアドレスと受信者名、メールのタイトルなどが記載される。 このうち送信者に関する情報を、他者あるいは架空のものにすることで第三者を装う。 これによって、受信者に不審な思いを抱かせず、電子メールを開かせやすくすると共に、送信元を特定させないようにする。 メールスプーフィングの偽装法は単純で、簡単に実行可能だが、せいぜい表面的部分しか偽装を施すことはできないので、見破ることも難しくはない。 メールサーバーが記録し保管するログファイル(利用履歴)や、電子メールのヘッダーが記録した詳細な送受信記録などを確認すれば、条件次第では本当の送信元を割り出すこともできる。 ただし、メールスプーフィングの物量的な増加傾向は深刻な問題となりつつある。 これに対応するために、メールサーバーが関連するIPアドレスを配信できるようにして、インターネットサービスプロバイダーがメール発信元の表示の異同を即座に認証できるようにする考えも提案されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]