編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ワトソン博士

用語の解説

ワトソン博士とは

(ワトソンハカセ,Dr.Watson,)
ワトソン博士とは、Windows 98以降に付属するシステム分析ユーティリティの名称である。
プログラムエラーを検知する際に用いられる。 プログラムにエラーが発生すると自動的に起動され、内容をファイルに記録する。 これによってエラーの発生した場所が具体的に明らかとなり、ファイルはテクニカルサポートに問い合わせる際に情報として有用となる。 検出の際にはワトソン博士は自動的に起動されるが、テクニカルサポートのためにファイルを参照する際などには手動で起動することになる。 手動で起動するには、「スタート」ボタンから「ファイル名を指定して実行」を実行し、「drwtsn32」と入力すればよい。 あるいは、「スタート」ボタンから「ヘルプ」を選び、「検索」画面に「ワトソン」と入力してもよい。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]