編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

強誘電性液晶

用語の解説

強誘電性液晶とは

(キョウユウデンセイエキショウ,Ferroelectric Liquid Crystal,)
強誘電性液晶とは、反応が高速でメモリ性をもつことを特徴とする液晶の素材である。
強誘電性液晶は、スメクティック液晶と呼ばれるタイプの液晶であり、液晶分子が層になって並んだ構造になっている。 一般的な液晶ディスプレイで利用されているネマティック液晶と比べて、スメクティック液晶は表示の応答速度が高速であるという利点がある。 また、自発分極を持つという特徴のより、表示内容を保持するメモリ性が得られるという特徴がある。 強誘電性液晶を使用した液晶ディスプレイは、FLCD(強誘電性液晶ディスプレイ)と呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]