歩留まり

用語の解説

歩留まりとは

(ブドマリ,yield rate,)
歩留まりとは、製造物全体に対する出荷品質の製品の割合のことである。
工業製品の製造ではどうしても出荷できない不合格品が発生する。 不良品が発生すると検品や取り除き作業に余計なコストが生じる。 もちろん原料も余計に消費しなくてはならない。 特に半導体などでは製品価格などに大きな影響を与える。 不良品が多く発生することを、歩溜まりが低いと表現する。 歩留まりが低いと(不良品が多く出ると)企業経済や製品の価格が悪影響を受ける。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]