編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

相変化型光ディスク

用語の解説

相変化型光ディスクとは

(アイヘンカガタヒカリディスク)

 レーザー光を用いて結晶構造を変化させることでデータを記録する光ディスク。

結晶構造の変化(結晶、非結晶)によって反射率が異なることを利用して「0」と「1」を記録する。

 実際の製品としては、松下電器産業のPDなどがある。 また、DVD規格のコンピュータ用記録メディアとして提案されている「DVD-RAM」も、記録方式として相変化方式を採用することになっている。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]