編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

記録密度

用語の解説

記録密度とは

(キロクミツド,recording density,packing density,)
記録密度記録密度とは、ハードディスクや光ディスクなどの記憶媒体において、単位長さや単位面積当たりに保存できる情報量のことである。
ハードディスクの場合、単位面積あたりの情報量である面記録密度は、線記録密度とトラック密度の積で求められる。 面記録密度を増やすことで、ディスクのサイズは同じまま記憶容量の増加が実現する。 記憶媒体の小型や大容量化のためには、記録密度の向上が必要となる。 線記録密度は、長さ当たりの情報量で、ハードディスクの同心円上に決められた記録領域であるトラック上の1インチ当たりに記録したビット数のことをいう。 またトラック密度は、幅当たりの情報量で、1インチ当たりに記録したトラックの本数のことをいう。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]