編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

起動時間

用語の解説

起動時間とは

(キドウジカン,アップタイム,uptime,)
起動時間とは、コンピューターやシステムが稼動している状態の時間のことである。
なお、「アップタイム(uptime)」は、もっぱらこの意味で用いられる用語であるが、日本語で「起動時間」というときには、OSが起動するまでの時間の意味で用いられる場合もある。 通常、再起動を行うと、アップタイムはゼロに戻されるが、長時間起動し続けていると、OSが停止したり、起動時間を参照している時計のアプリケーションが動かなくなることもある。 一般には、497日で不具合の発生するOSが多く報告されているが、OSの種類によっては、数十日から数百日程度稼動しているとカウントがゼロに戻る場合もある。 ちなみに起動時間の反意語はダウンタイム(downtime)である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]