編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

魚眼レンズ

用語の解説

魚眼レンズとは

(ギョガンレンズ,フィッシュアイ,fisheye lens,)
魚眼レンズとは、写真撮影などに使用されるレンズの一種で、180度前後の画角を持ったレンズのことである。
魚眼レンズを用いると、半球状に盛り上がったレンズの光屈折を利用し、人間の視野には収まらないほぼ水平(180度)の視野を一度に感光体に写すことができる。 キヤノン「EF15mm F2.8 フィッシュアイ」 魚眼レンズは被写体を歪曲して写す特徴をもっており、画面の端ほど極端に曲がって写るようになっている。 多くの場合、この特徴を逆に効果として利用し、特徴的な構図の写真を撮影するために使用される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]