編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IGES

用語の解説

IGESとは

(アイジェス,)
IGESとは、異なるCADシステム間で汎用的にデータを扱うことができるファイル形式のことである。
米国規格協会(ANSI)によって策定された。 IGESのデータは、CADデータに含まれる図形要素と、個々の図形要素同士の関係、また、それぞれの図形要素の座標データなどから構成されている。 複数のCADシステムで採用されているデータ形式の中間をとったような仕様であり、多くのCADシステムにおいて入出力を行うことが可能である。 IGESは主にデータ交換を行う用途で用いられている。 IGESはCADデータ交換用のファイル形式のデファクトスタンダードとして用いられてきた。 ANSIの勧告は1996年版が最終版となっているが、現在でも自動車産業界などではIGESがよく用いられている。 なお、日本自動車工業会ではIGESをもとに「JAMA-IGES」と呼ばれるデータ形式を作成し、データ形式の統一を図っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]