編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JDBC

用語の解説

JDBCとは

(ジェーディービーシー)
JDBCとは、プログラミング言語のJavaからデータベースへアクセスするために用いられるAPI(Application Programming Interface)のことである。
JDBCは、Oracle、DB2などのデータベースにアクセスするための共通のインターフェースを提供している。 このため、それぞれのデータベースに合わせてプログラムを開発する手間を省くことができる。 主にリレーショナルデータベース(RDB)が操作されるが、表計算ソフト(スプレッドシート)のようなデータ形式も数多くサポートしている。 Javaはマルチプラットフォームなプログラムを開発できるという利点があり、JDBCでも、プラットフォームに共通して利用できるプログラムを開発することができる。 なお、実際にデータベースにアクセスするためには、データベース側の違いを吸収するために、JDBCドライバと呼ばれる各種データベース用の補助プログラムを用意する必要がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]