編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MP@ML

用語の解説

MP@MLとは

(エムピーエムエル,)
MP@MLとは、動画ファイルの圧縮再生方式であるMPEG-2の中心となる仕様で、現行のテレビを想定して規定された仕様のことである。
MP@MLでは、メインレベルで定義される画面サイズが720×576ドット、フレームレートが30fps、ビットレートは最大15Mbpsと定義されている。 通常のテレビで一般的に用いられているほか、CSデジタル放送やDVD-Videoなどにも採用されている。 MPEG-2は圧縮再生方式としては最も一般的に用いられており、一般のテレビをはじめDVD、HDTVなど、様々な品質レベルにおいて広く採用されている。 このため、MPEG-2では機能(「Profile」と呼ばれる)ごとに7段階、解像度やフレームレートのレベル(Level)ごとに4段階の品質を設定し、仕様を区分している。 MP@MLはその区分の中の中心に位置する区分である。 他の区分としては、SP@LL、MP@HL、422P@HLなどがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]