編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

Microsoft Arc Keyboard

用語の解説

Microsoft Arc Keyboardとは

(マイクロソフトアークキーボード,Arc Keyboard,アークキーボード,Arcキーボード,)
Microsoft Arc Keyboardとは、Microsoftが発売した、全体が緩やかな弧を描いたデザインを特徴とするワイヤレスキーボードの名称である。
Microsoft Arc Keyboardは、薄く、中央が盛り上がったような立体的な形状をしている。 エルゴノミクスに基づいた疲れにくいタイピングが可能であるだけでなく、コンパクトでインテリア性の高い本体デザインを実現している。 本体サイズは縦155mm、横幅310mmである。 Microsoft Arc Keyboardは2.4GHzで無線通信を行うワイヤレスキーボードであり、USBトランシーバが接続できればWindowsマシンでもMacでも利用できる。 プラグアンドプレイをサポートしているため起動中に抜き差しして利用できる。 ゆるやかな弧を描く その他、個々のキーがそれぞれ独立したアイソレーション設計の採用(アイソレーションキーボード)、1つのキーを4方向に倒して操作するデザインのカーソルキー、無線通信のバッテリー残量を示すインジケーターなどといった特徴的な機能・デザインが採用されている。 なお、本体カラーは黒を基調とするが、日本限定で白も発売される。 日本限定色のホワイト ちなみに、Microsoft Arcシリーズのハードウェア、周辺機器としては、Microsoft Arc Mouseも発売されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]