編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Microsoft Expression Media

用語の解説

Microsoft Expression Mediaとは

(マイクロソフトエクスプレッションメディア,Expression Media,)
Microsoft Expression Mediaとは、Microsoftが販売している、デジタルコンテンツ管理ツールの名称である。
Microsoft Expression Mediaでは、100種類以上のメディアに対応しており、一覧表示によって視覚的に把握・管理できるようになっている。 このため、メディアのタイプにかかわらず一元的に管理することが可能となっている。 また、HDDや共有フォルダ、CD-ROMなど、ファイルが実際にどこに格納されているかを問わず、データの保管、管理、検索による追跡などを行うことができる。 ファイルの整理、分類、キャプションやメタデータの追加なども可能である。 「Microsoft Expression Media 2」画面イメージ Microsoft Expression Mediaは、2007年に最初のバージョンが発表された。 単体での販売のほか、アプリケーションスイート「Microsoft Expression Studio」の一部として同梱された。 2008年にはそれぞれのアップグレード版となる「Microsoft Expression Media 2」と「Microsoft Expression Studio 2」が発表されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]