編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

mLAN

用語の解説

mLANとは

(エムラン,)
mLANとは、IEEE 1394規格を利用して複数種類の機器間でオーディオデータやMIDIデータを転送するための規格のことである。
ヤマハが提唱している。 従来は、複数のデジタルオーディオ機器を接続する際に、アナログケーブルや専用のMIDIケーブルなどそれぞれ異なる規格のケーブルを用意し、スター型に接続する必要があった。 mLANでは各機器を同じインターフェースでデイジーチェーン接続し、それぞれのデータや制御用信号を一括して扱うことができる。 これによって、シンセサイザーやデジタルミキサーなどの電子機器やMIDI機器、PCなどを、mLANで接続し制御することが可能になる。 mLANがベースとしているIEEE 1394規格は、PCと周辺機器を接続するためのインターフェース規格で、FireWireやi.LINKなどの名称で製品化されている。 データ転送方式にはアイソクロナス転送が採用されており、音や映像などのデータをリアルタイムに転送するのに適しているという特徴がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]