ル・クローン K-tai

株式会社ソア・システムズ  2007年01月30日

「ル・クローンK-tai」は、携帯電話(Brew、Symbian搭載機)に最適な業務アプリケーションを開発できる開発・実行フレームワークです。

製品概要

「ル・クローンK-tai」は、多岐にわたる導入実績を誇る、携帯電話(Brew、Symbian搭載機)向けのアプリケーション開発・実行フレームワークになります。開発・検証・保守に要する工数を大幅に削減可能な、圧倒的な開発生産性を約束します。

【ル・クローンK-tai特徴】
■マルチプラットフォーム
 OSやハードウェアを問わず、あらゆる環境で稼動します。リプレイス時、アプリケーションを資産として継承することが出来るため、長期的なコスト削減に役立ちます。

■高速データベースを標準搭載
 省ディスク、省メモリの高速データベースを標準搭載しているため、他のDBライセンスを
用意する必要がなく、開発・実行環境をル・クローンで統一することができます。ローカルにデータベースを保有していることで、外出先での様々なオンライン業務はもちろん、電波の届かない環境でも、業務を効率的に行なうことが可能になります。

■開発生産性の向上
 業務ロジックに特化した機能により、コーディング量の削減とアプリ品質の向上を実現します。

■サーバ連携
 端末からサーバ側DBに対して、リアルタイムに検索・更新が可能です。

■周辺機器との連携
 アプリケーションから、カメラやバーコード、プリンターなどの周辺機器と、シームレスな連携が可能です。

価格

360,000 円
(価格備考:)

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]