編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ケータイiアプリからアクセスするSDカード上で動作するDBエンジンが発売

目黒譲二

2007-02-06 21:24

 携帯電話・モバイル用アプリケーションツール開発を手がけるソア・システムズは2月5日、iアプリ(Javaアプリ)からアクセス可能なmicroSDカードやminiSDカード上で動作するデータベースエンジン「LCDB」の提供を開始した。

 LCDBは、SDカードの応用規格のひとつであるSD-Bindingを利用することで、大容量のmicroSDカードやminiSDカードを携帯電話の記憶媒体として、携帯電話端末のメモリ容量に制限されず大量のデータを扱うことができるデータベースエンジン。データをサーバから取得する必要もなくなるため、パケット料金を気にすることなく、必要なデータをいつでもローカルで利用できるようになる。

 また、独自ロジックのデータベースエンジンのため、少ないリソースで高速なデータアクセスが可能となっている。このほか、アプリケーションからのSD-Bindingによるコピーガード設定や、LCDB独自の暗号化などのセキュリティ機能を搭載。ユーザーの要望に応じたカスタマイズにも対応する。

 動作環境は、SD-Bindingに対応したFOMA端末。au、SoftBankのSD-Binding対応携帯電話にも対応の予定。販売参考価格は基本ライセンス料が250万円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]