編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サーバ監視を安価で実現【SIGNAlert】

株式会社セゾン情報システムズ 

2009-11-05

異機種混在環境を統合監視できる性能/障害監視ツール

製品概要

SIGNAlertは、マルチプラットフォーム環境の稼動状況をアプリケーションレベル、OSレベル、ハードウェアレベル、ネットワーク環境レベルから常時監視することができる。
監視対象のサーバには、SIGNAlert Agentを導入し、異常時にはあらかじめ設定した通知方法に従ってSIGNAlert Managerに通知される。


通常業務から異常時の対処方法まで多彩な機能で運用をサポートし、運用コスト削減を支援。HULFT連携やファイル存在監視により、システムの自動化、障害時の迅速な復旧を可能にできる。他社監視ツールに比べリーズナブルな価格設定で、ネットワーク環境に応じた監視体制を構築することができる。

特徴

<主な機能>

・サーバ、ネットワークの障害をOS、常駐プロセス、ping、SNMP Trap、ポートによって監視

・アプリケーション稼動状況

・ハードウェア資源(CPU、メモリ、HDD容量)監視

・Webレスポンス、Trafficによる性能監視

・ファイル存在監視

・HULFT監視

・警告灯、メールなど9通りの異常通知機能

・メッセージに対する対処方法の表示や蓄積

・定型監視報告書の作成、出力

・各種管理機能を提供

・他社監視ツールとの連携

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]