InfoFrame DataBooster

日本電気株式会社  2011年12月19日

大量データをインメモリで高速に処理するソフトウェア。長時間バッチ処理や分析処理の時間を大幅に短縮可能。

製品概要

大量データ処理でお困りではありませんか?

InfoFrame DataBoosterは、大量データをメモリ上で展開し、高速データ処理を実現。これにより、従来型のDBMSでの大量データ処理で見られた、「データ集計に時間がかかり、最新データを分析できない」「分析パターンを増やしたいが、これ以上データマートを作れない」「大量データのリアルタイムなアドホック検索をしたい」 といった課題を解消する。

特徴

▼BIソリューションツールと連携
多数の導入実績を誇るゼッタテクノロジー株式会社のBIソリューションツールにDataBoosterを提供。「Adam-Booster」としてデータを高速に編集/加工。

■高速化
大量データをメモリ上に展開し、革新的なアルゴリズムにより高速データ処理を実現。バッチ処理の実行サイクルを短縮でき、月次・週次処理を日次化することが可能に。リアルタイムの情報を使った経営管理、生産制御を実現する。

■チューニング不要
RDBMSで必要となる表・索引などのチューニングが不要。インデックスの有無やDB特有の性能向上機能を考慮する必要がないため、誰でも簡単に高速なバッチ処理を実現可能。運用後も性能問題は無縁になるので、管理コストの削減に大いに貢献する。

■アプリケーション構築支援
テーブルの作成、更新、検索、ソート、表の結合などのデータ処理をGUI画面から実行。GUIの操作をマクロとして記録し、同じ操作を再実行することが可能。更に、記録したマクロから同じ処理を行うJavaコードを自動生成。 内部統制への対応にも有効。

<適用分野>
●DBMSでの非カーソル系バッチ処理:大量データの集計やコード洗い替え処理
●データマート作成:DWHからBIツール向けのデータマート作成
●データ分析:大量データに対するアドホック検索
●セキュリティ:アクセスログなど、日々の情報の蓄積/検索
●製造業向けトレーサビリティ:BOM(Bill Of Materials)正展開・逆展開

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]