編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

Nutanix Acropolis Hypervisor仮想マシンのバックアップ【Veeam Backup for Nutanix AHV】

株式会社クライム 

2020-11-02

Veeam Backup for Nutanix AHVはNutanix AHVハイパーバイザ上の仮想マシンのバックアップを提供します。

製品概要

Nutanix AHV仮想マシンのバックアップは、VMware・Hyper-V・物理環境のバックアップも対応しているVeeam Backup & Replicationの保存先(リポジトリ)に保存でき、そのバックアップをまとめて管理可能です。

また、AHVネイティブのDSFスナップショットを活用し、静止点を確保、組み込みの変更ブロック追跡機能により、変更されたデータブロックのみを取得し、バックアップとして保存します。

VeeamリポジトリへバックアップしたNutanix AHV仮想マシンは、バックアップ・コピージョブで2次バックアップ、バックアップtoテープジョブでテープへアーカイブ、キャパシティティア機能を用いてAmazon S3やAzure BLOBといったオブジェクトストレージへアーカイブすることも可能です。
これにより、Nutanix外の保存先にバックアップを保存するだけでなく3・2・1ルール(3以上のデータコピー、2種類以上のフォーマット、1つ以上はオフサイトで保存)に基づく構成やランサムウェア対策のためにエアギャップを作る構成、長期間の保持ポリシーなどを満たすデータ保護を簡単に構成できます。

Nutanix AHV仮想マシン用のバックアップジョブ作成や、AHVバックアッププロキシアプライアンスの管理などはVeeam Backupのコンソールではなく専用のWebポータルから実施可能です。Nutanix AHV管理者の方が操作しやすいようにPrismライクなポータルになっており、Nutanix AHV環境のバックアップを簡単に管理可能です。

特徴

・Nutanix PrismライクなWen管理コンソールでNutanix管理者も簡単操作
・バックアッププロキシ・アプライアンスとVeeamバックアップインフラストラクチャを管理

・高速で信頼性の高い、アプリケーションを認識したイメージベースのバックアップ
・Nutanixスナップショットからのエージェントレスなバックアップが可能

・VM全体の作成、設定、スケジューリング、実行、およびNutanix AHVクラスターへのリストアが可能
・ネイティブでのテープデバイスのサポートで、AHVバックアップの長期の保持と保護を実現
・Microsoft Exchange、SharePoint、Active Directoryのアイテムレベルの高速な復元
・OracleデータベースとSQL Serverデータベースのトランザクションレベルのリカバリ

製品関連情報

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]