ホワイトペーパー

面倒すぎる!人事・総務の労力を奪う交通費精算、「地道な作業」をシステムに任せる勘所

株式会社ヴァル研究所 2017年09月25日

■まだ、手動計算とエクセルですか…?

働き方の効率化を考えれば、「コア業務」に集中するため「作業的な業務」をいかに圧縮するかが鍵になるのは明白だ。本資料は、ほぼ全社員が関係し、特に人事・総務セクションでは「大きな面倒」になりやすい、通勤費管理の労力軽減について提案する。

現状、最善手法の一つといえるのが、管理業務をシステム化して「頭の良い」プログラムに自動処理させ、なおかつ導入しやすいクラウド型のサービスを選ぶことである。

「では、どれだけ高いレベルで複雑なルールを自動化できるのか?」
「どれだけスムーズに導入、移行ができるのか?」

同種のサービスが多々あるなか、分かりにくい点はここである。
そこだけ明快であれば、切り替えるのは決して難しいことではない。この資料は移行すべきメリットが端的にまとめられ、社内提案もしやすい体裁となっている。(ヴァル研究所、駅すぱあと精算ソリューション )

「作業が属人化しており、決まった人しか作業できずボトルネックになっている」
「少しの運賃変更などで膨大な見直しが発生する」
「もう少し柔軟な経路選択を認めたいのに現状はできない」

といった課題ほか、「2019年予定の消費税増税で対応が不安」といった声にも対応できる。詳細はダウンロードにて。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)