編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ホワイトペーパー

これだけでOK--ネット回線だけで利用できるフルクラウドPBXはなぜ検討に値するのか

KDDI株式会社 2020-02-25

メールやチャット等のツールが普及するなかにあっても、ビジネスコミュニケーションにおいてまだまだ重要な手段となっているのが音声による会話だ。とりわけPBX(Private Branch Exchange)は、外線に電話をかけるだけでなく、構内(社内)で内線電話を使ったり、内線通話から割り込みで入ってきた外線電話を受けたりなど、ビジネスに必要な数々の機能を提供してきた。

そうした一方で、旧来のPBXを利用し続けるリスクも高まっているのが現実だ。割高なコストに加えて、機器交換や部品交換、さらには社内の組織変更などに伴う設定の変更に際し、既存のPBXでは多くの人手による設定や確認作業がどうしても必要になるからである。

そこで注目されているのが、KDDIが販売するクラウドPBXサービス「Cisco Webex Calling」だ。同サービスは、旧来のPBX網を使った電話網の維持管理コストの大幅低減や対障害性の向上などといった一般的なクラウドPBXのメリットだけでなく、音声回線やVoIPゲートウェイを別途用意する必要がなくインターネット回線さえあれば利用できるなど、数々の特徴を有しているのである。その詳細については本資料をダウンロードしてぜひご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]