ホワイトペーパー

最近、作業の進捗管理に時間がかかっているという企業は必見!

日本オラクル株式会社 2010年05月20日

 消費者ニーズの多様化や海外メーカーの市場参入などによって新商品の投入サイクルが短く、かつ複数の商品が投入されるようになる中、商品企画、設計、製造、販売促進などの各部門は作業の進捗状況を正確に把握した上で、より高い生産性を実現することが求められています。しかし、社内にはファイルサーバーやデータベース、PDMなどさまざまな“見るべき”システムが存在し、一瞬では進捗が把握できない状況が問題となっています。
 今、求められているのは、関係者の誰もが正確な進捗を瞬時に把握でき、作業過程の記録が追跡可能で、かつ企業内に埋もれた設計資産を、関係者全員が共有し活用できる、真の「プラットフォーム」を構築することにあります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]