ホワイトペーパー

外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ

ソフトブレーン株式会社 2018年04月10日

働き方改革などの時代背景からCRM/SFAを導入する企業が増えている一方で、多額のコストをかけて導入したにもかかわらず、成果が出せずに1年も経たないでシステムのリプレースや解約を検討する企業も少なくないのが現実だ。

なぜこのような事態が生じるのだろうか?

実は4,500社以上の導入実績から見えてきた背景として、外資系CRM/SFAを導入する際の「日本と欧米での営業文化の違い」や、他のITツールとは異なるCRM/SFAならではの選定プロセスの難しさがあることが判明した。

まず多くの失敗企業に共通するのが、目的を定めずに機能比較で選定していることである。また「バラバラに存在する情報を一元化し、営業の手間を削減し効率する」といった導入目的も、よくあり一見正しいように思えるが、これでは期待する効果が不明確なのだ。

そこで本資料では、1年以内にリプレースの検討を開始する企業と、効果的に活用している企業の「差」を明らかにし、そこから失敗しないCRM/SFA導入のポイントを紹介している。ぜひ一読し、CRM/SFA導入を成功に導いていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]