編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

株式会社インフォマート 2021-06-24

新型コロナウイルス感染症の発生前後で、日本人の働き方は大きく変化した。政府による自粛要請によって企業のテレワーク導入が促進されたが、オフィスワークへ戻る動きも見られる。実際、テレワーク利用に関する調査では「自粛期間中に半数を超えるユーザーがテレワークを利用していたが、解除後も利用中なのは27.9%に留まる」という結果も出ている。

緊急事態宣言の解除により、コロナとともに経済活動を再開していく段階にある中、「テレワークをこのまま継続していくか、以前の通勤スタイルに戻していくか」という岐路に立たされている企業も多いのではないのだろうか。

以下の資料では、調査結果を基にテレワーク利用の実態を明らかにした上で、現場の担当者の声を踏まえ、その定着を阻んでいる理由を考察。テレワークの継続的な活用で求められる具体的な対応策を提案する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]