編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ホワイトペーパー

AIでサポート業務を自動化し、DXを実現する「サポートチャットボット」とは?

株式会社ユーザーローカル 2021-06-01

Webサイトの顧客向け問い合わせ窓口や、社内の総務、人事、財務・経理、法務、ヘルプデスクの問い合わせ窓口にチャットボットを導入し、業務効率化やユーザー満足度向上を図る企業が増えている。有人オペレーターには「24時間対応できない」「複数同時の対応できない」「離職リスクや属人化」といった課題があるが、チャットボットはこれらを解決できる。チャットボットと有人オペレーターを使い分けることで、サポート業務の大幅な効率化が可能だ。そんななか、平均95%の回答率を誇る会話精度を実現するAI機能や、質問キーワードの自動生成・分析機能などを特徴とする「サポートチャットボット」が人気だ。国内では、カメラのキタムラやパーソルテンプスタッフ、野村不動産などの企業はもちろん、厚生労働省や富田林市などの官公庁にも採用されている。本資料では、AIを活用して24時間リアルタイム応答で業務効率化を支援する「サポートチャットボット」を紹介する

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]