ホワイトペーパー

【導入事例】基幹業務パッケージのクラウド化を支える統合ストレージ基盤

日本ヒューレット・パッカード株式会社(SWD) 2012年01月30日

2008年秋、大手建設機械コマツのSI部門からはじまったクオリカはクラウドサービス事業の本格展開に向けたITインフラ統合を目的に「HP 3PAR Utility Storage」を採用し、統合ストレージ基盤の構築に着手。続く2009年10月からは、「HP BladeSystem c-ClassとVMware vSphere」による仮想サーバー環境の構築をスタートさせ、大規模なインフラ刷新プロジェクトを約2年で完遂させました。
この取り組みによって、ビジネス要求に応えるオンデマンドなストレージリソースの提供や、ミッションクリティカルな基幹業務を支える高信頼なIT基盤の実現、さらには日本と同等の高信頼なクラウドサービスを中国で展開する可能性を開きました。

“期待どおり、運用管理にかかる負荷は大幅に軽減されました。結果として、ストレージシステムにおける導入・運用を合わせたトータルコストを半減させることができました”
クオリカ アウトソーシング事業部 営業推進室 主査 藤野哲氏

クオリカのITインフラ統合への取り組みは、本資料で詳しくご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)