ホワイトペーパー

【導入事例】「攻めのIT経営」を支えるハイブリッド・クラウド構築への決め手とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2016年03月10日

大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、経営のグローバル化や、ビジネス環境の変化に柔軟に対応すべく、中期経営計画におけるIT戦略で「攻めのIT経営」をさらに強 化・推進するIT基盤の構築に取り組んでいます。「クラウドファースト」の方針の下、基幹業務システムの契約更新を機にクラウド移行を検討した結果、プラッ トフォームとしてハイブリッドクラウド環境「J-OSCloud」の構築を決定しました。

「J-OSCloud」で期待される効果は以下のとおりです。
・システムの集約化・仮想化、オープン化、標準化、自動化の推進
・ITガバナンスの強化、業務の可搬性や継続性の向上
・コストを削減しながらの、最新技術の採用による経営へのタイムリーな貢献

本資料ではJFEスチールにおけるハイブリッドクラウド環境の構築までの課題、決め手、その後の効果などについて詳細に紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)