ホワイトペーパー

IT 部門ならではの観点で営業活動最適化をサポート--「顧客情報基盤 –CRM」入門

マイクロソフト 2015年11月02日

CRMなどの業務に直結したアプリケーションの中でも、近年、特に注目を集めているのが営業支援のツールやシステムであるSFA(Sales Force Automation)です。SFAを活用することにより、売上や提案進捗などの営業活動の可視化ができ多くの企業・営業組織で採用が進んでいます。しかし「営業支援」という観点から、営業部門の独自の判断で導入されるケースもあります。そうした場合にはせっかく導入したSFAが企業インフラの中で孤立したシステムとなってしまい、ガバナンスも効きにくい状態になってしまうだけでなく、「顧客」をキーにして全社連携を図るCRMの目的とはかけ離れてしまいます。

では、全社で使える「顧客戦略基盤」を構築するためにはどうすればよいのか。

本資料ではIT部門ならではの観点から、CRMを選ぶためのポイントを紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]