ホワイトペーパー

止められない受発注業務システム--できていますか?FAX業務のBCP/DR対策

エクスパダイト株式会社 2015年11月05日

近年、受発注業務やコールセンターのFAX業務において、FAXサーバーのサポートの更新時期や、業務効率化の観点から複合機/FAX機から、クラウド型のFAXサービスへ移行する企業が増加している。これらの業務においてFAXは顧客や取引先と書類や帳票類を取りかわす重要なコミュニケーションツールとして機能しているが、なぜFAXサービスへの移行が進むのか? そこには、もはや選択肢として外せない重要な理由が存在している。

● BCP/DR対策
● 運用コスト削減
● セキュリティ対策

クラウド型のFAXサービスなら、自社でBCP/DR対策の必要はありません。止められないFAXによる受発注業務も、安全安心の環境でご利用頂けます。

具体的なケーススタディと共に下記詳細をこちらよりご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]