ホワイトペーパー

アプリ用途別「上手なクラウドの使い分け」、その実勢が判明!例えばIoTで多いのは!?

F5ネットワークスジャパン合同会社 2018年02月19日

本資料は、F5ネットワークスが実施した「どのようなアプリを」「どのようなクラウドで」動かしているのかという企業の実勢動向の調査だ。

現在、複数のクラウドを使い分けるのは当然の動きとなってきた。調査によれば、その割合は87%に及ぶという。では、その先にある「アプリに合ったクラウド」を選ぶ戦略はどうだろうか。その興味深い調査結果を見ることが資料では可能だ。

例えば財務処理や請求処理などは、安全なオンプレミスのプライベートクラウドが多数派。しかしデジタルマーケティングではSaaSが、IoTではIaaSが多くなってくる。そして知りたいのは、その「割合」である。

その答えは数字で示されているので、現状のクラウド利用に関する潮流について、客観的な裏付けを得ることが可能だ。そこに本資料の価値はある。

アプリケーションデリバリをめぐる世界的な現状から、自社の進むべき道を探るヒントが見えてくるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]