ホワイトペーパー

大学のWi-Fi導入における「9つの誤解」

ラッカスネットワークス an ARRIS Company 2016年11月01日

現在、多くの大学が在学生や受験生に向けた無線LAN接続(Wi-Fi)サービスを提供している。学内ネットワークにアクセスしたり、インターネットに接続したりと、大学が提供するWi-Fiはさまざまなユーザーに活用されているが、その一方でWi-Fiネットワークに多額の投資をしても、満足なパフォーマンスが得られないという課題を持っている大学が少なくない。

なぜ大学のWi-Fiは、こうした課題を抱えているのか。本資料は、キャンパス環境でのWi-Fi導入にあたって9つの誤解が原因にあると指摘する。

「平均的な大学生はキャンパスに3つのデバイスを持ち込む」「高密度エリアのアクセスポイント数を増やせばワイヤレス信号到達範囲が改善する」「Wave 2クライアントを使用していなければWave 2 APを活用できない」など、キャンパス環境のWi-Fiに対する誤った理解を正すことで、Wi-Fiを最適な状態に高めることができる。

こうした課題は、大学のキャンパス環境のみならず、一般企業や公共機関のWi-Fi環境にも共通するであろう。ぜひ、本資料をダウンロードしていただき、組織のWi-Fi導入の参考にしていただきたい。

本資料の提供元であるラッカスワイヤレスは、独自のアンテナ技術によって広範囲なカバレージと安定した通信を実現する無線LAN機器ベンダーである。同社では、古いアクセスポイントから乗り換えるキャンペーンを年内まで実施しており、802.11a/b/g/nを使用している企業には特別価格にて提供中だ。詳細はラッカスワイヤレスの販売代理店までお問合せいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)