ホワイトペーパー

顧客とより深い関係を築くためのテクノロジの活用方法--良い営業からエース級の営業へ飛躍するには?

Microsoft Corporation 2018年01月23日

セールスの世界に新しいモデルが生まれています。全体のプロセスは、数年前と大きく異なっています。継続的に進化するツールやテクノロジに起因する部分もありますが、より大きな違いは購入担当者の考え方です。こうした考え方を理解し、それに対処することで、良いセールス担当者からエース級のセールス担当者へと成長することができます。

この変化は新しい可能性をもたらしますが、販売プロセスのすべての段階で新しい課題も生まれています。状況が変化する中、リレーションシップセリングの考え方を導入することで、優位性を保つことができます。

リレーションシップセリングとは、将来の売り上げにつながるお客様と長期的な関係を構築するという概念です。これには、セールス担当者としてコミュニケーションの方法を再検討する必要があります。使用するツールだけでなく、お客様と接触し、関与し、より深いつながりを築くために、ツールをどのように使うのか、を再検討する必要もあります。

この資料は、セールスプロセスの各段階で、こうした課題に対処するためのガイドです。適切な見込み客を見つけ、強固な関係のために信頼と価値を構築し、セールスの目標を満たすのみならず、それを上回るための機会を識別するために、最新のツールとテクニックを活用する方法が記載されています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]