ホワイトペーパー

結局いま進めるべきは顧客対応の「ライブ化」でいいのか?傾向を示す分析結果・事例・ツールを紹介!

株式会社Zendesk 2018年11月12日

企業が顧客に対して好印象を持たれるには、顧客対応の「接点」が言うまでもなく重要だ。
特に昨今は、AIやボットを活用したチャットや優れたセルフサービス、柔軟なコールセンターといった「リアルタイムかつ手軽に利用できる手段が提供されているか」で大きく印象が左右されている。

しかも昨今の顧客は新たなテクノロジで利便性が常にアップデートされるのを当然と感じ、企業が現状維持であれば不満感すら抱いてしまうような状況だ。

今回紹介する資料は、そうした状況をデータで可視化し、事例とソリューション(Zendesk)をまとめて紹介するものだ。データに関しては、世界140か国・約45,000社に及ぶZendeskの顧客からクラウド経由でカスタマーサービスの指標を集計。いま何が重要かを、「Zendeskベンチマーク」を通じて客観視できるようにした。

事例としては、企業による「ライブチャネルが発揮する優れた効果」のレポートが注目できる。
・ソニーネットワークコミュニケーションズ/クラウド勤怠管理システムのサポート事例
・freee/マルチチャネルでの問い合わせ対応

などにおいて、前述のような状況に具体的に対応した経緯や効果が記されており、そこからヒントを探れるはずだ。ぜひご一読をお勧めしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]