編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

データドリブン経営実現への意識変革のプロセス-かんたん解説「データ活用の成熟・定着化への道筋」

ドーモ株式会社 2021-03-19

GAFAなどの先進的なデータドリブン企業は、データを新たに発明したわけでなく、革新的な方法でデータを活用した結果、変革を起こして各分野のトップになったにすぎない。その変革も、組織や部門、チーム、個人が、何かをよりスピーディに、スマートに行うというシンプルな発想から始まった。

データドリブン経営を実現するためには、データ活用を成熟させ、利用と定着を図るためのフレームワークが必要だ。リーダーシップを頂点に、価値認識と戦略の層、人材・プロセス・技術の層で構成される三角形で表現できる。この資料では、Domoプロジェクトの推進と成功を左右するこの三角形を構成する6つの戦略的柱を紹介する。豊富な図版とキーワードを盛り込んだ濃い内容となっているため、ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]